Home > スポンサー広告 > 症例3 骨格性の上顎前突【出っ歯】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei2.blog112.fc2.com/tb.php/50-c9daef19
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 歯を抜かない矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・非抜歯矯正]

Home > スポンサー広告 > 症例3 骨格性の上顎前突【出っ歯】

Home > 非抜歯症例集 > 症例3 骨格性の上顎前突【出っ歯】

症例3 骨格性の上顎前突【出っ歯】

                        症例3

             骨格性の上顎前突・叢生(出っ歯・乱杭歯)9y7m  男性
                      【非抜歯治療症例】


 初診時の年齢はは9y7mで上顎前突を主訴で来院した。最初はお姉さんを治療していて、『弟が少し出っ歯なので見て欲しい』ということでした。見たところ少し出っ歯が見られたので、検査をしてどの程度の不正咬合かを見ることにしました。

 検査の結果、出っ歯の程度は中ぐらいだったので、治療開始するには少し早いと判断しこのまま観察をすることにしました。理由は、本人の身長は135Cmで父の身長が175Cmその差が40Cmもありました。彼の上下の骨格のずれは、第二成長期(声変わりする頃)に治療開始すれば充分改善できると判断し、また、不必要に早い時期に治療を開始することによる弊害をさける為に、治療開始時期は小学校高学年を予定しました。

早い時期に治療を開始することによる弊害の主なものは、

   ・ブラッシングが充分にできない。【虫歯になりやすい】
   ・本人が矯正治療の必要性を理解していない。【治療の協力を得れない】
   ・本人が矯正治療を希望していない場合、その事を親に言えない。
    または 言いにくい。【ストレスになる】
   ・治療期間が長くなる。【全てのリスクの原因になる】

このような事より、不正咬合の状態を見て、治療開始時期をしっかり見極める必要があります。

                    初診時[9y7m]

 装置の装着は行わず、観察をする事にしました。
M_485_マスクA_01 M_485_マスクA_02M_485_マスクA_03M_485_マスクA_04

M-485__P_05 M-485__P_06 M-485__P_07
M-485__P_08 M-485__P_09 M-485__P_10



                    治療開始期(11y0m)

 小学校5年生(144Cm)になり、そろそろ第二成長期を迎える時期になったので、最初は上あごの出っ歯を改善するために、上から装置の装着をおこない約1年半治療をしました。その後、下にも装置を装着し全体の治療をしました。
1277_2Aマスク_01 1277_2Aマスク_02 1277_2Aマスク_03 1277_2Aマスク_04

2A_05 2A_06  2A_07
2A_08 2A_09 2A_10




                    治療終了時(16y0m)

少し治療期間が長くなりましたが、とてもいい感じに治療を終了する事ができました。治療期間は5年。
笑顔がとてもさわやかな好青年になりました。
1277Cマスク_01 1277Cマスク_02 1277Cマスク_03 1277Cマスク_04

09.05.21_1277顔口完成_05 09.05.21_1277顔口完成_06 09.05.21_1277顔口完成_07
09.05.21_1277顔口完成_08 09.05.21_1277顔口完成_09 09.05.21_1277顔口完成_10




                    【 治療前後の比較 】

横顔の変化
     横顔マスク
               9y7m  11y0m  16y0m

上唇が後退し、リップバランス(唇のバランス)が改善され、また、オトガイも前方に出て、とてもバランスのいい横顔(立体的な顔立ち)になりました。

口の中の変化
                      初診時(9y7m)
M-485__P_05 M-485__P_06 M-485__P_07
                      治療開始期(11y0m)
2A_05 2A_06  2A_07
                      治療終了時(16y0m)
09.05.21_1277顔口完成_05 09.05.21_1277顔口完成_06 09.05.21_1277顔口完成_07

                      初診時(9y7m)
M-485__P_08M-485__P_09M-485__P_10

                     治療開始期(11y0m)
2A_08 1277_2A_09 1277_ 2A_10

                     治療終了時(16y0m)
09.05.21_1277顔口完成_08 09.05.21_1277顔口完成_09 09.05.21_1277顔口完成_10




             【院長からのメッセージ】
 患者さんは、約5年間の治療期間中、きちっとブラッシングをされ虫歯も無く、治療日のキャンセル、変更等一切無く来院され、抜歯をせずに治療を終える事ができました。大変優秀な患者さんでした。出っ歯、および、乱杭歯はきれいに改善されました。これから約2年~3年間経過観察を行う予定です。



             【H.K.君からのメッセージ】

院長  「お母さんに、矯正治療をしなさいと言われた時の気持ちは?」

H.K.君  「・・・・・・・・・・・・ 」

院長  「治療期間が約3年間かかりましたが、一番苦しかった事は?嫌だった事は?」

H.K.君  「矯正をすると、数日間は痛いし、笑うと見えるので、ずっと取りたかったです。」

院長  「治療が終わった今の気分は?」

H.K.君  「けれど、歯医者で矯正する前の写真を見ると、今はとても綺麗に並んでいて、我慢してきた甲斐がありました。」

院長  「その他何か感想はありませんか?」

H.K.君  「時間はかかったけど最終的には、矯正をして良かったです。」




              【院長からのメッセージ】

歯並びがきれいになってよかったですね。きれいな歯並び、機能的な歯並びを君は手に入れました。おめでとうございます。一生大事にして下さいネ

装置を入れると全ての患者さんが痛いという訳ではないのですが、痛い患者さんも沢山おられます。当院では【レーザー治療】を行う事で痛みを大幅に軽減する事が可能になりました。

今、治療中の方は一言声をかけて下さい。いつでも簡単に、痛みを大幅に軽減することができます。(無料)
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei2.blog112.fc2.com/tb.php/50-c9daef19
Listed below are links to weblogs that reference
症例3 骨格性の上顎前突【出っ歯】 from 歯を抜かない矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・非抜歯矯正]

Home > 非抜歯症例集 > 症例3 骨格性の上顎前突【出っ歯】

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。