Home > スポンサー広告 > 症例5 上顎前突&空隙歯列弓(出っ歯&すきっ歯)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei2.blog112.fc2.com/tb.php/52-fcdbc446
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 歯を抜かない矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・非抜歯矯正]

Home > スポンサー広告 > 症例5 上顎前突&空隙歯列弓(出っ歯&すきっ歯)

Home > 非抜歯症例集 > 症例5 上顎前突&空隙歯列弓(出っ歯&すきっ歯)

症例5 上顎前突&空隙歯列弓(出っ歯&すきっ歯)

                       症例 5

            上顎前突 • 空隙歯列弓 ( 出っ歯 • すきっ歯 )19y10m  男性
                      【非抜歯治療症例】


【主訴】
 患者さんは、出っ歯とすきっ歯が主訴で来院されました。前歯のスキッ歯は非常に目立ちます。重ねて出っ歯が併発するとなおのことです。小さい頃からこのかみ合わせなので日常生活においては、不自由は無かったと思われます。口の機能としてはあまりいい状態ではありません。前歯から息がもれたり、発音にも影響があったそうです。

     〈参考〉スキッ歯の原因のほとんどが、①あごの大きさに対して歯の幅が小さい場合。
         ②舌突出癖(舌の先を前歯におしつけるくせ)。③ ①と②の両方です。
         この中でも①と②両方の場合が圧倒的に多いです。また②舌突出癖の患者さん
         の中には舌が異常に大きい場合があります。めったに無いのですが、
         この場合は舌を手術で小さくする事もあります。これらの事をきちっと診断
         した上で治療を行わないとあと戻りを起こします。



【検査の結果】
   中程度の上顎前突(出っ歯)と上下歯列弓の前方部に各々5mm、3mmの空隙(スペース)が見られましたがあごと歯の大きさのバランスは悪くありませんでした。原因は舌を前方に出す舌突出癖でした。また、この癖のため、上下の前歯の前方への著しい傾斜も見られました。舌の大きさはやや大きめでしたが手術をする必要はありませんでした。
【診断】
   非抜歯(歯を抜かない矯正治療)で治療を進める事にしました。歯を抜く事で歯列弓がやや狭まり、舌の置き場が無くなり、よりいっそう前に突き出し、後戻りの原因になるからです。

【抜歯部位】    非抜歯



                    治療前(19y10m)
08.03.01_1470顔口_011 08.03.01_1470顔口_022 08.03.01_1470顔口_033 08.03.01_1470顔口_044

08.03.01_1470顔口_05 08.03.01_1470顔口_06 08.03.01_1470顔口_07
08.03.01_1470顔口_08 08.03.01_1470顔口_09 08.03.01_1470顔口_10




                    治療後(21y11m)

10.03.16_1470顔口完成C_011 10.03.16_1470顔口完成C_022 10.03.16_1470顔口完成C_033 10.03.16_1470顔口完成C_044

10.03.16_1470顔口完成C_05 10.03.16_1470顔口完成C_06 10.03.16_1470顔口完成C_07
10.03.16_1470顔口完成C_08 10.03.16_1470顔口完成C_09 10.03.16_1470顔口完成C_10




                   【治療前後の比較】

横顔の比較
                 
               1470ACマ
                治療前(19y10m) 治療後(21y11m)
 出っ歯も治り、非常にさわやかなイメージになりました。また、横顔において、唇の突出感も大変軽減され、とても素晴らしいバランスになりました、

歯並びの比較

                     治療前(19y10m)
08.03.01_1470顔口_05 08.03.01_1470顔口_06 08.03.01_1470顔口_07
                     治療後(21y11m)
10.03.16_1470顔口完成C_05 10.03.16_1470顔口完成C_06 10.03.16_1470顔口完成C_07


                     治療前(19y10m)
08.03.01_1470顔口_08 08.03.01_1470顔口_09 08.03.01_1470顔口_10
                     治療後(21y11m)
10.03.16_1470顔口完成C_08 10.03.16_1470顔口完成C_09 10.03.16_1470顔口完成C_10



  A傾斜 C傾斜
          前歯の傾斜がしっかり改善されました。

 歯並びは、全て改善され理想的な状態と考えられます。この様に舌の使い方によってなる不正咬合は、舌の使い方が治っていれば治療後は安定しますが、治っていない場合は舌の使い方の練習を行います。今後、約2年間程度観察を行っていく予定です。



                   M.O.くんからの一言

  院長    : 「特に今回矯正治療を受けようと思った動機は?」

  M.O.くん : 「ガタガタの歯にコンプレックスがあったため。」

  院長   : 「歯並びが悪いことが気持ちの上で(精神的に)影響がありましたか?」

  M.O.くん : 「歯を見せて笑う事に抵抗があった。」

  院長   : 「治療前に不安はありましたか?」

  M.O.くん : 「親知らずを抜く事に不安があった。」

  院長   : 「治療期間が約2年かかりましたが、一番苦しかった事は?嫌だった事は?」

  M.O.くん : 「歯磨きに時間がかかった事。」

  院長   : 「治療が終わった今の気分は?」

  M.O.くん : 「先生に感謝の気持ちでいっぱいです。」

  院長    : 「これから矯正治療を受けようかと迷っている人に何かアドバイスは?」

  M.O.くん : 「時間がかかりますがやって損はないと思います。」      



歯並びがきれいになってよかったですね。きれいな歯並び、機能的な歯並びを君は手に入れました。おめでとうございます。一生大事にして下さいネ

装置を入れると全ての患者さんが痛いという訳ではないのですが、痛い患者さんも沢山おられます。当院では【レーザー治療】を行う事で痛みを大幅に軽減する事が可能になりました。

今、治療中の方は一言声をかけて下さい。いつでも簡単に、大幅に痛みを軽減することが出来ます。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei2.blog112.fc2.com/tb.php/52-fcdbc446
Listed below are links to weblogs that reference
症例5 上顎前突&空隙歯列弓(出っ歯&すきっ歯) from 歯を抜かない矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・非抜歯矯正]

Home > 非抜歯症例集 > 症例5 上顎前突&空隙歯列弓(出っ歯&すきっ歯)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。